講師のご紹介

Instructor introduction

kumi先生

Kumi.(かまたに・くみ)

合同会社HT代表、リラクゼーションルームR代表

■内閣府認定日本心理カウンセラー

​■ICA国際コーチ協会インストラクター

自分の人生は自分で作るもの

幼少期を海外で過ごしたことから、日本に戻り、大学、結婚、両親との同居などで異文化の価値観の違いに悩む。化粧品販売員時代に、うつ病やDVの顧客をマッサージで改善できることを体感したが、技術以上にコミュニケーション、特に言葉より直接触れることの重要性に気づく。4万人に施術を行うかたわら、さらにカウンセリング、コーチングを学び、自身の家族への接し方・考え方を変えることで、生活の質が変わることを実感した。現在、それを一人でも多くの人に経験してもらおうと、『体を整えることで、疲れている人の能力を引き出せるようなセラピスト』の育成に力を注いでいる。

​「自分の人生は自分で作るもの。私もそうだったが、『このままでいいのかな』と思ったら、技術や自信があってもなくても、興味を持ったことをやってみればいい」

青豆裕子先生

青豆 裕子(あおまめ・ゆうこ)

株式会Star'Q 代表取締役

年齢を重ねても健康で元気で美しくあり続ける

小学生の時、足の手術を受け『いずれ車椅子生活になる』と宣言され、健康には人一倍の関心を持つ。ある時、電気刺激で足の指先が動くことに気づき、電気の力で細胞を活性化できないかと、機器の開発に挑む。骨盤の一部である仙骨に注目し、ついには電気で仙骨を振動させ、呼吸をするように全身の細胞に酸素を届ける装置を完成させた。この装置を使用した施術では、眠っている筋肉を目覚めさせることで健康のみならず、美容面でもすぐに変化が体感できるという。

「施術者が手を触れることで、どこへどうアプローチすれば良いのかが感覚的にわかる。体力がいらないので女性や高齢になっても続けられるお仕事として身につけていただきたい。私やあなた自身が年齢を重ねても健康で元気で美しくあり続けることが一番の実績になる」

田所 亜津先生

田所 亜津(たどころ・あつ)

プラーティットスパ オーナーセラピスト

行動してみなければ次は見えてこない

商業高校を卒業後、得意な簿記を生かして飲食業の総務部の経理事務をしていたが、現場や調理まで担当することに。ついには調理師免許まで取得し、130人のスタッフを束ねる現場責任者に。しかしマンネリを感じ、更なる成長をしたいと退職。高級スパサロンでセラピストとして勤めつつ、一流店ならではの厳しい接客も学ぶ。

3年後退職し、手だけによるマッサージ技術に感動して、自然に「ありがとう」という言葉が出たというタイ古式マッサージを学ぶため本場タイに渡る。帰国後独立し「多い時には一日7人の施術をする」多忙だが、合間を縫ってタイに行って学び続けている。「タイ古式マッサージは『二人でするヨガ』と言われていて、自分自身のケアでもある。セラピストは心のこもったありがとうを直接言っていただける一生ものの仕事。かつての私のように『このままでいいのかな』と感じたら飛び込んできてほしい」

伊藤典子先生

伊藤 典子(いとう・のりこ)

オフィスマナカラ代表

プロならワンランク上の接客を

日本航空の客室乗務員として20年以上のキャリアを持つ。家庭の事情から早期退職し、専業主婦に。しかしながら「体も心も錆びる」との思いからマナー講師として社会復帰。「ただのマナー講師では面白くない」とマナーと印象との関連性に着目、独自の「印象形成の6原則」を見い出す。現在は市長、企業の代表者など、組織のリーダーたちに、印象の上げ方・使い方を指導している。

「プロならワンランク上の接客をしてほしい。マナーは時代や相手に合わせて変わるもの。形だけを教えても意味がないので変わらない基本をお伝えしたい」

「どんな自分になりたいかを理想印象の目標として、トータルでプロになることを目指したい。自信や印象は自分で作るもの。それを支援させていただく」

細井 柚未香先生

細井 柚未香(ほそい・ゆみか)

クレア合同会社 代表社員、パーツ&ビューティークレア

■手の病院サロン認定講師

私がこんな風に習いたかったという講義を

サプリメント・スキンケア商品の販売、温熱療法サロン・ネイルウエア教室の経営など30年以上にわたり、美容と健康の仕事に携わる。現在は「簡単で力要らず、機械やオイル、クリームも使用しないため資金もいらず、リクライニングチェア一つで自宅で開業できる」というドライヘッドスパの指導に力を入れている。

「開業したい、何かを始めたいという方や、エステやネイル、美容室でプラスワンのメニューを身につけたい、という方に、少人数でつきっきりで教えている。疑問が生じたらすぐフィードバックできるよう、言いやすい、聞きやすい、私自身が『こんな風に教えてもらいたかった』という講義を追求している。『誰かを癒したい』という気持ちの強い方にこそ教えたいと思っている。」

丸尾先生

丸尾 ゆかり(まるお・ゆかり)

社団法人日本ビューティスト支援協会 理事、株式会社ラルレ 代表取締役、漢方アロマセラピストカレッジ校長

■REVI認定講師

■中医漢方芳療師

■日本エステティック協会認定エステシャン

■ハワイ州公認ビューティーオペレーター

自分が感動しなければ伝えられない

もともとダンススタジオを持ちダンス講師を務めていたが、並行してエステサロンも経営。女性の美を追求して、漢方、ハーブ、カラー心理学、アロマテラピー、統計学など、さまざまなメソッドを学ぶうち、女性が美しく生きるためには外面と内面と心のバランスが重要であることに気づき、『3面美容』を提唱。「自己成長する美の仲間づくりのために、成功哲学をわかりやすく伝えている」

「すぐに結果が出るので、それを自分自身で体感すること。私たちは感動を伝えるのが仕事、まず自分が感動しなければ伝えられない。今のサロンを何とかしたい、あるいは物足りなさを感じて独立や起業を考えているならとにかくチャレンジしてほしい」

鈴木たかし先生

鈴木崇司(すずき たかし)

一般社団法人 行動コミュニケーション協会 代表理事

美ジネスに大切な人間力とコミュニケーション能力向上のために

勤務していた医療業界で見た厳しい現実と家族の治療の経験から、自分の心と身体に向き合って生きることの大切さに気付き、2006年より社会人向けワークショップを企画運営する。組織の活性化や信頼関係構築のために必要な人間力やコミュニケーション能力の向上のため企業研修、講座や講演を行う。また、トレーナーの育成も行っている。2018年、一般社団法人行動コミュニケーション協会を立ち上げ、多くの方にプログラムを伝えている。

これまで8,000人を超える方々にお伝えし、会員さまも全国に広がり、海外にも広がっている。人と人をつなぐコミュニケーションは、全てのベースになります。信頼関係を築くことに役立てください!

淺倉隆志先生

淺倉 隆志(あさくら・たかし)

株式会社ASAKURA PRODUCE HOLDINGS 代表取締役

株式会社ディースタート 代表取締役

beauty bizsalon D→STARTオーナー

D→START GROUP代表

中京大学大学院ビジネスイノベーション研究科MBA(経営学修士)

あなたの新たな可能性を切り拓いて

東証1部上場大手化粧品メーカーに26年勤務。支店長、マーケティング開発部マネージャーを歴任。2011年ヘッドハンティングされ化粧品メーカーを設立。2012年に化粧品・美容系プロデュース事業で独立。美容学校講師・ヘアサロンFC本部の顧問等を経て、2014年からbeautybizsalon D→START事業をスタートし、「会員およびFCオーナーが成功し、美しく輝くための支援を命懸けで行っている」。現在D→STARTは全国にFC含め15店舗あるが、22年に30店舗、27年には100店舗のビジョンを描く。当アカデミーはそのための重要な意味を持つ。

「美容師の資格は取ったが、スタイリストにはなりきれていない方、開業はしたものの思うような収益が上げられていない方などに、今後の人生の新たな可能性を切り拓いて欲しい」との思いから、自ら講師として教壇に立ち、ビューティビジネスにおけるマーケティング、マネジメントを教える。

Fuziko先生

Fuziko(ふじこ)

Amazing-Spiral by Fuziko

大手国産化粧品メーカー30年勤務 グランプリ受賞歴13回

(全国売上部門・新規顧客獲得部門・リピーター獲得部門・商品回転率部門 等…)

インターナショナル・ビューティシャンとしてマレーシアでの海外勤務

第1回 全国化粧品開発コンペディション グランプリ受賞

■産業カウンセラー

■メイクレッスン検定 1級

■JMAメイクアップ知識検定 取得

■JMAメイクアップ技術検定 2級

■日本マナープロトコル検定 2級

■メイクセラピー検定 2級

自分らしい生き方をしよう

女性であることに誇りを持っていた私。18歳から、大手国産化粧品メーカーへ勤務をはじめました。

26歳で結婚。28歳の時、大型店舗のチーフに抜擢され、帰りは遅く、朝も早い日が続きました。そして32歳の時に出産。しかし、仕事に没頭し、ほとんど顔を見ることがなく、子どもに「バイバイ、また来てね」と言われた事もありました。

保育園で病気や怪我をした時、すぐに帰ってあげられない事や、気が付けば、子どもが友達関係で色々悩んでいた時、近くにいてあげられなかった自分がいました。

とにかく、キャリアウーマンになりたかった20代。結婚しても出産しても続けられる仕事をしたくて飛び込んだ美容業界。それなのに辞めたいと思う自分がいました。

そんな時、義父の末期ガンが分かり、余命3か月と言われました。

介護をプロに任せる事もできましたが、夫の兄弟に任せて逃げようと思った事もあり、泣いてケンカした日もありましたが、先に謝ってくれるような優しい義父だったから終期まで向き合いたいと決め、30年務めた会社を辞めました。義父はその1年後、自分らしい人生を全うされました。

義父のように【自分らしい生き方をしよう】と決め、2020年3月 Amazing-Spiral by Fuzikoを開業。

これからの私は、こう生きると決めた。

『(あなたと)一緒になりたかった自分になろう』  Amazing-Spiral by Fuziko

その他の講師

​開業手続き・税務・会計・補助金助成金担当
手塚麻希子税理士事務所 税理士
​外国人顧客接客英語担当
英語パーソナルトレーナー
手塚麻希子
都築由依